スポンサードリンク


「 熱中症 」 一覧

熱けいれんの症状、応急処置

2013/05/22 | 熱中症

熱けいれん(軽症) ・腹部、上肢、下肢などで局部的な痛みを伴ったけいれんがおこる ・大量発汗 ・嘔気 ・口渇感 ・体温が高い 原因 大量に発汗した時、

続きを見る

熱失神の症状、応急処置

2013/05/22 | 熱中症

熱失神の症状(軽症) ・数秒間の失神 ・顔面蒼白、顔色が悪くなる ・めまい ・頻脈や呼吸数が増える 原因 炎天下の屋外などで、体が熱を下げようとして、末梢皮

続きを見る

水分補給方法

2013/05/22 | 熱中症

スポーツ時の水分補給 少量をこまめに 5~15度の冷水200~250mlを1時間に2~4回飲むことがすすめられています。 多量発汗時には0.1~0.2%の塩を入れた食塩水が望まし

続きを見る

高齢者の熱中症対策

2013/05/22 | 熱中症

高齢者の熱中症 お年寄りは熱中症になりやすいの? 高齢者は熱中症になりやすいといえます。 それは、加齢とともに皮膚の感覚が鈍くなり、暑さを感じにくくなるからです。 暑さに気が付

続きを見る

熱中症対策のためには服の色や素材はどんなものがいい?

2013/05/22 | 熱中症

熱中症予防のための洋服選び 熱がこもりにくい素材は? ポリエステルなどの合成繊維で作られた布、熱や水分を素早く発散してくれる素材として注目されています。 吸水、速乾性に優れたアン

続きを見る

赤ちゃん、幼児の熱中症対策

2013/05/22 | 熱中症

赤ちゃん、幼児の熱中症 赤ちゃんや幼児は、成人の体の水分量が60%なのに対し、赤ちゃんは70%、幼児は80%と体に必要な水分量が多いため、脱水症状になりやすく、体温調整機能が未発達のため、熱

続きを見る

5月、6月の急に暑くなった日は熱中症を発症しやすい

2013/05/21 | 熱中症

5月、6月の急に暑くなった時は、熱中症が発生しやすい 熱中症といえば、7月、8月の真夏日に起こりやすいイメージがあります。 ですが、5月、6月も注意が必要なのです。 熱中症の発生

続きを見る

熱中症になりにくいいい汗と悪い汗?

2013/05/16 | 熱中症

熱中症になりにくいいい汗と悪い汗? サラサラ汗とベトベト汗 汗には水分のほか、塩分、カルシウム、カリウムなど体にとって大切な成分が含まれています。 これらの成分が体によく吸収され

続きを見る

スポンサードリンク


スポンサードリンク


nettyuusyo_1
なぜ熱中症になるのか?熱中症とは?

なぜ熱中症になるのか?熱中症とは? 人は熱を感じると汗腺とい

nettyuusyo_18
熱中症の応急処置・体の冷却法

熱中症の応急処置・体の冷却法 以下の4つの方法を利用し、効率

natsubate_ol2
熱中症が起こる仕組み

熱中症が起こる仕組み 水分と塩分不足で脱水症状に 気温

pet_1
ペットの熱中症予防・熱中症対策

ペットの熱中症に気をつけよう 動物は熱中症になりやすい 犬

048237s
牛乳を飲むと熱中症予防になる!?

牛乳を飲むと熱中症予防になる!? サッカーJ1の横浜F・マリノス

→もっと見る

PAGE TOP ↑